FC2ブログ

微電波が逝く

大体毎日呑んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

week end flash.

働いて、空いた時間に小説を書いて、飲んで寝る。

ブログ全く更新しなかったのはこういう単調過ぎる毎日を送っていたからなのです。

大学一年の娘ッコと沖縄料理食いに行ったりしました。
でも結局泡盛「だけ」飲んで帰りました。
別に沖縄料理好きではないので。(なら行くな)

焼酎を含んでオーラルセクロスをすると超絶悶える!といった内容の話に終始しましたが、また遊んでねと言われました。
世も末だと思います。
スポンサーサイト
  1. 2007/04/16(月) 03:34:06|
  2. 連絡
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

華麗なる酒呑みたち

今日は祖父の七回忌で親戚一同が神奈川に集まり、御供養の後に会食をしたのだが

ど い つ も こ い つ も の ん だ く れ 。

未だ前菜も出てないのにダース単位でビールが干され、肴もないのに冷酒が進む。未だ午後一時なのに右を見ても左を見ても赤ら顔ばかり。
一番端っこの大叔父なぞ心臓患っているのに、怖いものなし。
奥さん(大叔母)般若の容貌だが隣の従兄弟がガンガン注ぐ。怖いものなし。
気が付けば焼酎のボトルが転がっており、三十人は囲めるバカでかい楕円のテーブルの凡そ半分以上の面積が冗談なぞではなく酒瓶で占められていた。

そして午後三時を回っても

一 向 に 落 ち な い ペ ー ス

減 ら な い 肴

炸 裂 す る 下 ネ タ

呆 れ 返 る 店 員

ひ っ く り 返 る 灰 皿

ウ ン ザ リ す る 運 転 手 た ち


大叔父がたに「若いんだから大丈夫」と訳の分からない理由ですすめられ、その結果が清酒一升と焼酎五合。
帰宅してから本気で嘔吐、冷や酒と親の意見は後で効く。

ちなみに酔っ払いズの半数近くが内臓を病み、ほぼ全員が血圧高杉で降圧剤が手放せないそうな。

ダメだけど、この一族とは仲良くやって行ける気がする。

宴会やってもらって良かったね、じいさん。
  1. 2007/04/16(月) 03:26:55|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

深刻な持病について

乳房症候群(にゅうぼうしょうこうぐん)

――別名ボインシンドローム。
慢性的に女性の乳房を欲し、理性的思考や冷静な判断能力を喪失する。
全男性の凡そ八割が乳房症候群予備軍であると考えられている。(著者調べ)
最も一般的な対処方法としては乳房の投与であるが、発作を起こして直ぐに投与出来ないことが多いため、より迅速な対策が今後の課題である。
一度発症すると原則治癒せず、生殖機能が停止するまで間欠的に発生するため、根本治療は難しい。


私は重症患者ですが、タイトル見て本当に心配してくださった方、有り難うございます。それからすいません
いや吸いますが
  1. 2007/04/09(月) 03:30:35|
  2. ボイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

四百字詰めの悪夢

私は仄暗い和室に横たわっている。
寝苦しさで眼が覚めた私は水を求めて畳の上を摺った。
起き上がればいい話なのだが、腰から下に何かが巻き付いていて自由がきかない。
十畳二間程度の和室の端から端までを必死の思いで私は這い摺る。
薄い砂壁の向こうから訛りのある話し声がする。

○○(ハッキリとは聞き取れなかった)は最期足が水腫んじまってよ、ウーウーとうめくんで
擦ってやると静かになってな
可哀想でなぁ見てられんかった

出入口とは違う方向で聞こえる声、払っても払っても腰にまとわりつく何か。

漸く私はおかしいと思い始めた。
恐る恐る己の下半身を眺めると黒い塊のようなものがずんと覆い被さっている。
ちょうどその黒い塊はじわりじわりと私の上半身へと昇ろうとしてきていた。

そこで私は自分の悲鳴で眼を冷ました。
午前三時前くらいのことである。

こんな不吉な夢を見た原因には心当たりがある。
つい先日、旧友の訃報が届いたのである。

このブログの性質を考えて、余り多くは記さず、謹んで彼の冥福を祈る次第である。
  1. 2007/04/09(月) 03:20:01|
  2. 戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私のオススメ五品

突然だが私の好きな清酒の肴を発表する。
別に貴様の好みなぞ聞いておらんと言う勿れ、どれも珠玉の逸品であるので、後学のためにしっかり聞いて頂きたい。

第5位

「鯵のなめろう」

なめろうとは叩きにした魚の身に味噌やらネギやらを混ぜて練り練りした素敵な肴のことである(著者調べ) チビりとなめろうを舐め、グビりと熱燗をいけば日本に生まれた幸せの三割くらいは易々感じられるだろう。

第4位

「スルメ」

八代あきでもおなじみの、炙ったイカである。
濃厚な旨味と素材の持つ歯応えは熱燗との相性は、危ない刑事のタカとユージのそれを凌駕する。

第3位

「カツオのたたき」

刺身のトップといえばカツオのたたきである。
マグロにはない強い主張、炙った香ばしさ、渋味を感じる後味。
まさに大人の味わいと言えよう。

第2位

「あん肝」

口の中にしつこく広がる野性的な魅力には日本紳士御用達の辛口がよく似合う。特に臭みのない上等なモノには冷やがオススメ

第1位

「シメサバ」

寿司屋と飲み屋のシメサバは違う。酢と生姜が強いのである。
しっかりした味付けのシメサバは料理酒を一級酒に変える魔法の一品である。イチオシ


とまぁ不定期でこんなことを書こうと思う。
次回は未定
  1. 2007/04/09(月) 01:13:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

4月9日の晩酌

20070409005003
酒→日本酒「美少年」 冷や
肴→野沢菜漬け、かぶのお新香

燗にするのが面倒だったので冷やのまま呑ったがやはり日本酒は燗に限ると思う。

この前にバーボンとビールを呑っていたのでご機嫌
  1. 2007/04/09(月) 00:49:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

再生の朝

私アサハシユウは今更ではあるがブログを始めることにした。

動機らしい動機は特にないので深く考えないで頂きたい。

有意義な情報を発信出来る自信はないしそのつもりも毛頭ない。

偏屈で頑固な奇人が好き放題に遊び回る様子を淡々と記すのみになると思われる。

詰まりは敗戦ムードぷんぷん

では 試合開始
  1. 2007/04/07(土) 02:31:09|
  2. 連絡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。